映画の事と猫の事。
楽しい事もちょっとずつ、ゆるゆるだらりと更新中。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

クマムシニュース。
ネットで見つけたくマムシ情報、ということで…
なんとクマムシを宇宙に連れて行ったというニュースを発見。

欧州宇宙機関が『クマムシを宇宙へ』プロジェクトを立ち上げて
宇宙船にクマムシ乗せて打ち上げちゃったそうです。
9月の26日に宇宙船が無事帰還したと言うことですが、
クマムシが超進化を遂げて、宇宙一のクマムシに
なっちゃったりしそうだ…と思う今日この頃。
 
データ解析には数ヶ月を要するそうですが、
クマムシ君たちが元気だったかどうか位は
先に教えて欲しかったのでした。
南極物語の犬達
南極の基地に置き去りにされてしまった犬、
タロとジロ。
『南極物語』は有名なお話ですね。
小さい頃から映画を見たり、本を読んだり
思い出深いお話です。
リメイク版の映画は
観にいきませんでしたが。

そう言えば剥製にされてしまったこの二匹と、
幼い頃対面した事があります。
…泣けました。
それは勿論、色んな事情があって
剥製と言う形をとったのだと思いますが、
そもそも剥製が怖かったと言う、
弱っちい我が記憶。

かなりの人が知っているであろうと思われる
あの物語は勿論本当のお話なのですけれど、
映画のように基地に戻った隊員さんに
地の果てから駆けてくるようにして、
犬達が飛びつくように人と抱き合った…
あのシーンは、ちょっと違ったよ、と
言う元隊員さんのお話を
ネットで見つけました。

■タロとジロ本当の物語(MSN)
※何日かでアドレス移動してしまうかもしれないので、
リンク先の一部を「続きを読む」に転載しました。


そもそも単純に感動だけできるお話
ではないのですが、
現実の方が心揺さぶられる光景に思えます。
犬だってバカじゃない、置いていかれたことを
解っていて、お互いに心が苦しい出会いの後で
やっと声があがったほうがいい。

でも思ったより映画も本当だったんだな、と
思えたことがこの記事から得た収穫。

20070220_297480.JPG
越冬中、ではない猫。
続きを読む >>
メリクリ忍者
甲賀駅の駅前で忍者像が大変な事になっているみたいです。
もうどこにも忍べない有様。

>甲賀忍者とサンタ、正反対のイメージながら
>「どちらも家に忍び込むのは一緒」との声もあり、
>駅を利用する市民らの評判になっている。

…ええと。
サンタは忍者と違って忍び込むのは
望まれていると思ったのですがどうなんでしょう。
素敵なので良いんですけど。